ONE OUTS -ワンナウツ-

【ワンナウツ】ネタバレまとめ84話「放出」ONE OUTS Nobody wins, but I!

84-1
出典:ワンナウツ 10巻

スポンサードリンク

 

ワンナウツ84話「放出」ネタバレ

ネタバレを読む

 

落ち込む彩川オーナー

 

「俺ははじめて実感した…

俺は渡久地に負けたんだってね」



及川部長は43億を18億まで減らしたと、気を取り戻させようとするも

減らすだけではダメ、消さなければならない43億だったのだと怒鳴る彩川

 

秘書が付け加える

 

リカオンズはシーズン終了と同時に売却される

その売却価格は球団の経常利益の10年分

つまり18億の年俸は、実質180億の圧迫となる

だから多少荒っぽい手段でも、どうしても渡久地には沈んで欲しいと

なぜ「180億の圧迫」となるのか

リカオンズの経常利益が50億なら→500億で売れる

渡久地に18億支払ったら→経常利益は50−18で32億→320億で売ることに

→500億から320億では180億の利益減となる


 

プルルル プルルル

電話は東京ガラリアンズのオーナーから彩川に宛てたものだった

東京ガラリアンズ

セリーグの雄としてプロ野球界を牽引し続けてきた最強球団

その人気は圧倒的で、全試合が地上波ゴールデンで放映される

 

「え なんですって!!」

 

驚いた声を上げる彩川は電話を切るとこう笑いながら言った

 

「18億の負けが 消えるぞ」

 


 

リカオンズ第二グラウンド

フェンス際のポールに寄りかかってタバコを吸う渡久地の姿がある

気がついた木野崎(児島と一緒に沖縄ミニキャンプに来ていた2軍トレーナー 1巻参照)がどうしたと声をかけるが、

渡久地は出場停止でやることがないだけだと

そこに中根(児島と一緒に沖縄ミニキャンプに来ていた2軍ピッチャー 1巻参照)が加わり、

渡久地は児島に言われて二軍の有望選手を探しに来たんだろうと言う


 

二軍を見て回る渡久地

おもしろいヤツはいないのかと

 

ジョン・ムルワカ
84-2
出典:ワンナウツ 10巻

身長2m7cm

ドミニカ出身でアメリカ3Aで3年プレーしたあと、2年前リカオンズに入団

スイングスピードは光るものがあると言われるが

バットに全くボールが当たらない

 

倉井一(はじめ)
84-3
出典:ワンナウツ 10巻

ジュースを買って来いと他の選手にパシられている

ピッチャーで3年目、テストで入団

プロとしてはあまりにトロいという評価

 

菅平源三
84-4
出典:ワンナウツ 10巻

35歳

かつては一軍で上位を打ってたこともあるバッター

今はギャンブルで身を滅ぼし、万年二軍

練習もせずにラジオの競馬放送に夢中になっている

スポンサードリンク

木野崎は菅平に対して練習を促すも

勝負カンを鍛えるのが自分の練習だと言い、同じギャンブラーならと渡久地にも同意を求める

渡久地は一緒にするなと一蹴

 

「ギャンブラーってのは勝負の世界に生きて かつ人間のことを言うんだよ」

「あんたみたいな負けグセの付いている人間は ただのカモだ」

 

激怒した菅平は渡久地に掴みかかるが

借金取りを目にし、走って逃げていく


 

一人でグラウンド整備をしている倉井

そして突然笑い出す渡久地

 

「まったく… 二軍てのはおもしれーところだな」


 

オーナー室

無事ガラリアンズとの話し合いがついたと言う彩川

 

「渡久地との戦いはこれで終わり…18億も消える」

 

彩川によればガラリアンズは4番の松江英機が大リーグに行った影響で今シーズンの観客動員やテレビの視聴率が落ちており、客の呼べるプレイヤーを欲しがっているということ

 

20億で渡久地を放出する

 

 

 

まさか、あの彩川オーナーが落ち込むなんて…
彩川は悪党だと思いますが、
やられたときの「あーーーーーっ!」という叫びなど
素直に感情をあらわすところが憎めない、
キャラとしては好きって人も多いんじゃないでしょうか
なんかこのままだと落ち込んで、無気力老人になってしまうんじゃ…

 

なんてことはなかったですね
ソッコーで復活
たくましい、やっぱ彩川はそうでなくっちゃ

 

さて、今回紹介された「おもしろい二軍」の選手たちですが
どうやって話に絡んでいくんしょうね
大本命は渡久地の力で覚醒ルートですが

 

しかし彩川は渡久地をトレードに出すと言ってます
20億だとマイナス18億に対して、大してプラスがないように感じますが
彩川は大喜びとはいかないまでも、満足といった様子

ただこれ(放出でワンナウツ契約終了)だと中途半端な気がしますね
そんな簡単には終わらないと思いますが、

どうなるんでしょうね!

 

ちなみにトレードになった場合の年俸がどうなっているのか気になったので調べてみました

どうやら年俸は契約の時に全額が決まるのですが

プロ野球選手はそれを12で割った額を毎月もらっているそうです

そしてトレード後はこれまでと同じ条件で、

トレード後の球団から給料が支払われるのが一般的ということです

そのためシーズン前の選手との契約内容も両球団は了承しているとのこと

とすると彩川は渡久地との契約をガラリアンズに対してどう説明したんでしょうかね

【ワンナウツ】ネタバレまとめ85話「取引」ONE OUTS Nobody wins, but I! 出典:ワンナウツ 10巻 スポンサードリンク [ad#adsense] ワンナウツ85話「取引」ネタバレ ...
【ワンナウツ】ネタバレまとめ83話「阻止」ONE OUTS Nobody wins, but I! 出典:ワンナウツ 10巻 スポンサードリンク [ad#adsense] ワンナウツ82話「阻止」ネタバレ ...

スポンサードリンク