【おおきく振りかぶって】131話「4市大会 2」ネタバレ|石浪くんてスゴイかも

   

ooburi131-1出典:アフタヌーン2016年8月

前回のあらすじ

4市大会本戦がスタート
西浦の初戦の相手は崎玉

崎玉の5番には夏にはいなかった石浪くん
4番は強肩キャッチャーの大地くん

今回は敬遠はしない

スポンサードリンク

 

おおきく振りかぶって「4市大会 2」あらすじネタバレ

あらすじを読む

スポンサードリンク

 

石浪くんは大地のようなただの身体能力プレイヤーではないようですね。
あの分析力や知識は田島くん並じゃないでしょうか
つまり、それだけの実力の持ち主であることが予想されます。

さらに前話だとまり分かりませんでしたが
全身のシルエットを見たところ、かなり横があるプレイヤーですね。

大地に並んでパワーヒッターの登場です。

ところでナックルカーブは千朶戦で投げまくってますよね。
今更隠すような様子に少し違和感が…

しかし、高校野球はただの青春のスポーツではないのでしょう
ARCのビデオ班と思われるおじさんはきっと野球部を勝利に導くために雇われたその道のプロのようでした。

そこまでやられると個人的には…

崎玉全く侮れないです。
石浪くん関係なしです。
一生懸命練習した描写が多く好感が持てます。

「タイさんのためにもかならず勝つ!」

そういう雰囲気が高校野球として交換が持てました。

さて泉はあっさり三振でしたが、
沖くん!そろそろ覚醒するんじゃないでしょうか。
バント要員だなんて言われてる場合じゃないです。

打ってやりましょう!

スポンサードリンク

次回おおきく振りかぶって132話

 - おおきく振りかぶって, ネタバレ