ハンター✕ハンター

【ハンター✕ハンター】ヒソカ過去編ネタバレまとめ/石田スイ(外伝4/4)

hisoka4-1
出典:少年ジャンプ+

前回までのあらすじ

『練』を習得したヒソカは念の6つの系統について学んだ
彼は変化系だった

夜、『百面ジョン・ドゥ』と遭遇
ヒソカはジョン・ドゥの左目を切り裂くが、逃げられてしまう

ロイヤルグラムホテル公演は大成功

その夜、モリトニオがヒソカに
もっと大きな仕事を任せたいと持ちかける

しかし、ヒソカはモリトニオがジョン・ドゥだと気がついていた
人を驚かすのが好きだと言うモリトニオに対し

僕を、驚かせてみてよ

 

スポンサードリンク

ハンター✕ハンター「ヒソカ過去編1/4」あらすじネタバレ

あらすじを読む

ヒソカとモリトニオのバトルが始まる

どちらも強い、しかし攻撃を食らったのはヒソカ

ヒソカに焦りはない

 

モリトニオはジョン・ドゥ百面のからくりを説明する

顔にスカーフをかぶせ、なりたい顔を思い浮かべる

 

継ぎ接ぎされた真実(スカーフフェイス)

 

なりたい顔になれる

正にヒソカが遭遇した百面ジョン・ドゥの顔だ

 

続けてモリトニオが能力を繰り出すと

何もないところでヒソカが潰される

 

圧殺されそうになったとき

目にオーラを集めた

 

 

ヒソカを押しつぶしていたのは2本の鉄の柱のようなもの

 

柱の間から抜け出すヒソカ

ガキィィィンという音とともに二つの柱がぶつかりあう

 

今の衝撃音、やはりタネは『磁石』

『空水泳』のときも観客のネックレスが不自然に動いたとヒソカ

 

バレたトリックはタネ明かしするのが流儀と、モリトニオはもう磁石を隠さない

 

鉄塗りの双極性(ブラックマグネット)

 

無数の磁石がヒソカを襲うが、ことごとく回避

 

ヒソカは『空水泳』をしている

 

ヒソカの圧倒的才能と力に、モリトニオは「ハンター試験の時と同じ感覚」を覚える(2/4参照)

 

手が止まったモリトニオに対し幕にしようと

全ての磁石をモリトニオにぶつけるヒソカ

 

「僕の能力は『ガムとゴム』両方の性質をもつ…♦」

 

この能力で磁石をモリトニオにぶつけた

 

「”伸縮自在の愛(バンジーガム)”っていうんだ」

 

倒れたモリトニオの顔に布をかぶせる

モリトニオの顔をジョン・ドゥのものにつくりかえた

 

「その方が似合ってるよ♥」

 

ヒソカは去っていく

 

 

 

end

ハンター✕ハンター「ヒソカ過去編4/4」詳細ネタバレ

詳細ネタバレを読む

 

モリトニオ「いろんな方法を使って

かまわないね」

 

先に動いたのはヒソカ、トランプを投げる

 

次は駆け寄り、トランプでの攻撃

モリトニオは避けざまに帽子をヒソカの顔に被せ目隠し、蹴りを放つ

下に避けたヒソカ

 

左手での反撃はモリトニオにガードされ

カウンターでボディーブローをもらってしまう

 

距離を取る

 

モリトニオ「じゃ 今から行きます」

 

ヒソカ「ドーゾ♥」

 

ボディーブローが効いたようだ、口からよだれを垂らしている

それでも鋭い目つきのヒソカ

 

「そうそう」

 

せっかく正体を見破ったのだからと、ジョン・ドゥ百面のからくりをタネ明かしをすると言うモリトニオ

タネも仕掛けもないハンカチを顔にかぶり、なりたい顔を思い浮かべると

 

「”継ぎ接ぎされた真実(スカーフフェイス)”」

 

バキバキと音を立てて目、鼻、口がハンカチから飛び出す

 

「1(アン) 2(トウ) 3(ドウリイ)」

 

あの日ヒソカの見たジョン・ドゥの顔が現れた

これが殺人鬼ドゥの奇術、次はモリトニオの奇術を見せると言い、左手を前に出す

 

「タネも仕掛けも

ございます」

 

突然ヒソカが右から潰されるが

何も見えない

 

「みんち みんち みーんち…

ハンバーグターイム」

 

モリトニオがそう言った瞬間大きな衝撃が起きる

何かに勘づき避けるヒソカ

モリトニオはすでに空中にいる

 

「1(ワン) 2(ツウ) 3(スウリイ)」

 

モリトニオがそうつぶやいた瞬間、ヒソカは両側から押しつぶされ、血を吐く

 

ズズズ

 

ヒソカのオーラが目に集まる

 

モリトニオ(「凝」…だと!?)

 

ヒソカ「やっと見えた♣」

 

模様の入った柱のようなものが両側からヒソカを押しつぶしていた

 

モリトニオ「いつの間に そんな技術を…」

 

ガキィィィン

 

ヒソカが柱からぬけ出すと、二つの柱はぶつかり合い金属音を響かせた

どうやって抜けたのかと訝しむモリトニオに対しヒソカは

 

「今の衝撃音…

やはりタネは

『磁石』♠」

 

モリトニオが浮遊芸をするとき、ヒソカは観客のネックレスが不自然に動いたのを見た

さっき見せたもう一つの能力は、念能力は可視化されるものだと印象づけるため

 

『強く引き合う見えない磁石の柱』それが奇術のタネだと言う

 

せっかくの秘密を明かされてしまったとモリトニオは笑う

そして、バレたトリックはタネ明かしをするのが流儀と言い”鉄塗りの双極性(ブラックマグネット)”発動

 

無数の磁力を持った鉄の柱がモリトニオの周りに浮かぶ

柱がヒソカめがけて飛ぶ

 

上に逃げるヒソカ、手にはオーラをまとっており、ロープ状に伸びている

煙が舞い視界が悪い

 

モリトニオ(どこだ…!?)

 

ヒソカはモリトニオの背後、上空にいた

 

「なんだ簡単だね♠

『水泳』♥」

 

驚くモリトニオ

 

『空水泳』は鉄製のシークレットブーツがなければできない、別の能力だ

そもそも、まだ「発」は教えていない

 

モリトニオ(この感覚…

あのとき(ハンター試験)とおなじ…)

 

モリトニオは次々と鉄の柱を繰り出すが、ヒソカはことごとく回避する

手が止まるモリトニオ

 

「タネ明かしは以上かな…♦

幕にしようかモリトニオ…♠

僕の奇術で♥」

 

 

ガガガガ!

 

ヒソカが指を鳴らすと、辺りに散らばっていた鉄の柱が一斉にモリトニオを襲う

潰され、血を吐くモリトニオ

 

(これは…

私の…

“鉄塗りの双極性(ブラックマグネット)”…?)

 

上出来だというヒソカ

 

「僕の能力は

『ガムとゴム』両方の性質をもつ…♦」

 

ヒソカがタネ明かしをする

 

ヒソカはモリトニオが残した鉄の柱にゴム状のオーラを付着させ、反対側の端をモリトニオに着けた

そして、一気に収縮させたと言う

 

「”伸縮自在の愛(バンジーガム)”っていうんだ これ…♠」

 

名前の由来が子供のお菓子と言うことに気が付き、ヒソカらしいと言いかけ倒れるモリトニオ


 

仰向けに倒れたモリトニオの顔に布をかぶせる

 

これはヒソカのほんの気まぐれだった

まさにモリトニオがしたように

 

ズ ズ ズ…

 

布を被った顔がジョン・ドゥのそれに変わった

 

「…うん

そのほうが似合ってるよ♥」

 

去っていくヒソカ

 

「モリトニオー

ヒソカー」

 

アキバが探している

 

「ごはん

なくなっちゃうよ!」

「もう…」

 

end

スポンサードリンク

 

 

 

若干苦戦はしたものの、全体的に見るとあっさり勝ってしまいました。
さすがヒソカというか、焦ったところなんて微塵も見せないですね。

既にこの頃から相当強かった…。

念での戦闘はオーラ総量も重要ですが、知恵や知識がものをいいます。
となれば念を覚えたてのヒソカはものすごい不利…と思っていたんですが、凝を使って簡単に見破りましたね。
凝を使った事自体は考えてか、自然かは分かりませんが、そのどっちもかもしれませんね。

このエピソードはヒソカが念を覚えたきっかけが語られましたが、それ以前(というかナゼ倒れてた!そこは説明なしですよね)や、今の性格がどうやって作られたかは語られませんでした。

冨樫先生の作品ではないので仕方ないのかもしれませんが、気になるっ!

そこは外伝として割り切るしかないですかね。

いやー面白かったです。
ハンター✕ハンターという作品も、ヒソカというキャラクターもいい味出してますよね。

本編も続きが気になります!

【ハンター✕ハンター】ヒソカ過去編ネタバレまとめ/石田スイ(外伝2/4) 出典:少年ジャンプ+ 前回までのあらすじ 倒れていたヒソカを拾ったモリトニオ一座 座長モリトニオは念能力者だ メ...

スポンサードリンク